トピックス(過去1年 : 2021年1月~現在)
★5月3日(火・祝)
第18回 大東オープンラージボール卓球大会(個人戦XD、MS、WS)が男子83名女子63名、ミックスD68組の参加を得て、大東市立市民体育館で開催されました。遠くは東京、広島、三重、徳島から老若男女参加され、熱戦が繰り広げられました。
 詳細は、こちらをクリック


  
★4月10日(日)
 第49回 体育協会会長杯卓球大会(男女年齢別シングルス大会)が男子71名女子32名の参加を得て、大東市立市民体育館で開催されました。新型コロナウィルス感染対策を、皆さんのご協力を得てしっかりと行った中で、熱戦が繰り広げられました。
 詳細は、こちらをクリック


  
★4月1日(金)
 日本卓球協会からラージボール卓球ルールの改定について発表がありました。ラバーの色に関して硬式と同様の扱いになりました。
  詳細は、こちらをクリック


  
★3月20日(日)
 第39回 男女混成チーム卓球大会が24チーム102名の参加を得て、大東市立市民体育館で開催されました。1部優勝は、関西大学チームでした。
おめでとうございます。
 詳細は、こちらをクリック

  
  
★1月23日(日)
 スポーツデー(卓球デー)が大東市立市民体育館で開催されました。
 午前:卓球教室(VICTAS社から野坂さん、大森さんが講師として参加)
 午後:ふれあい卓球大会(ダブルス大会)
  詳細は、こちらをクリック

  
★1月10日(月・祝)
 令和4年 新春卓球三大会 第47回新春レディース大会(33名) 第43回壮年男子シングルス大会(54名) 第42回ペアーダブルス大会(18組)が大東市立市民体育館で開催されました。
 詳細は、こちらをクリック

  
★12月5日(日)
 第48回大東市長杯卓球大会(ダブルス団体戦:①混合ダブルス、②女子ダブルス、③混合ダブルス)が近隣府県オープンで51チームの参加のもと、大東市立市民体育館で開催されました。新型コロナウイルス感染症対策を行った中で、熱戦が繰り広げられました。
 詳細は、こちらをクリック

  
★11月15日(月)
 日本卓球協会からガイドライン「日本卓球協会における新型コロナウイルス感染症対策(改訂版7)」の発表がありました。試合前の練習・チェンジエンド等が緩和されましたが、消毒や卓球台の配置に関しては従来通りです。
 内容は、ここをクリックしてご覧になれ

  
★11月7日(日)
 令和3年度 秋季市民大会(卓球競技の部)が大東市民体育館で開催されました。緊急事態宣言解除後、初めての大会でしたが、従来からの万全のコロナ対策のもと、終日楽しい大会となりました。
 詳細は、こちらをクリック
 

  
★10月18日(月)
 日本卓球協会から基本ルール1.4.6に関する指針が通知されました。
 →10月1日改訂・実施の基本ルール1.4.6について9月下旬より何件かの問い合せがあり、それに対応した指針を作成いたしました。
 →[ペンホルダーラケットの裏面の色に関する指針]
  詳細は、こちらをクリック
 

  
★10月1日(金)
 日本卓球協会からの通達がありました。
2020年1月1日の国際卓球連盟(ITTF)のルール改定のうち 2021年10月1日施行のルー ル改定を受け、国内ルールの改定を行います。
 特に、ラケットのラバー色について改訂されました。
 第1章 基本ルール
  1.4 ラケット
  1.4.6 ラケット本体を覆っているラバーの表面、あるいは被覆されていない本体の表面は無光沢で、片方は黒、他方は片方の黒やボールの色とはっきり区別できる 明るい色とする。
  詳細は、こちらをクリック

 
 
★9月1日(水)
 日本卓球協会からの通達がありました。
  2021年(令和3年)1月1日の国際卓球連盟のルール改定を受け、国内のルール改定を行います。
 特に、団体戦(ABC vs XYZ)の試合形式が規定されました。
 ① 5試合方式(5シングルス)について
 ② 5試合方式(4シングルス1ダブルス)について
 ③ 7試合方式(6シングルス1ダブルス)について
 ④ 9試合方式(9シングルス)
  詳細は、こちらをクリック

 
 
  以下、省略   
  

当サイトの内容の無断転載・無断使用をかたく禁止します。
Copyright © 2005-2022 Daitotakuren All Rights Reserved.